週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するブログ

【第1部】「故障あけから短期サブスリーへの道」に続き、【第2部】として、週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するまでの過程を記します。おっさんランナー。故障しがち。コミュ障。2017年つくばマラソンで運よくサブスリー達成。

あの頃わたしはアホでした\(^o^)/④「2016年 かすみがうらマラソン」

備忘録を兼ねた振り返り④\(^o^)/

読むのに結構時間がかかるので読み飛ばし推奨です \(^o^)/

 

あの頃わたしはアホでした\(^o^)/①「2015年 北海道マラソン」 

あの頃わたしはアホでした\(^o^)/② 「2016年 いわきサンシャインマラソン」 

あの頃わたしはアホでした\(^o^)/③「2016年 佐倉朝日健康マラソン」

 

の続き。

 

 

 あの頃わたしはアホでした\(^o^)/④「2016年 かすみがうらマラソン」 

雨ニモマケズ宮沢賢治

 

2016年の佐倉朝日健康マラソンでのダメージから風邪を引き、
ようやく回復してきたのは4/17に開催される
かすみがうらマラソンの直前だった。

 

当然その期間中はランオフ。

 

サブ3.5は達成したし、無理に走る必要はなく、
エントリー代は惜しいけどDNSしようかなと考えていた。

 

試しに前日の4/16に久しぶりに軽く走ってみたら、
たった3kmでひどく息切れがして苦しい\(^o^)/

 

とてもではないけど明日フルを走り切れない。
これはDNSだなと心に決め、とぼとぼと帰路に着く。

 

自宅に着き、シャワーを浴び、着替えて外出、
ドンキホーテに行き、くまモンの全身着ぐるみを購入し、
自宅で開封、着ぐるみにゼッケンを付け試着、
姿見鏡の前に立ってみると、
くまモンの全身着ぐるみ姿のおっさんが一人、
そこにはいた\(^o^)/
※多重人格・夢遊病は患っていません。多分。\(^o^)/

 

レース前

 

常磐線土浦駅に移動。駅から徒歩で5分ほど歩くと会場に。

 

近い。アクセスめちゃくちゃ良し。

 

ゼッケンにつけたくまモンの着ぐるみに着替える。

 

荷物をまとめて荷物預け所に向かう。

どうやら荷物を預ける際に100円を箱に入れる方式のようだ。

100円を入れるための箱をみると「義援金」と書かれていた。

 

スタート地点に移動。

 

号砲。

 

昨日の調子から、まともに走り切れる自信が全くなかったものの、
とりあえず楽なペースで走り出す。

 

あいにくスタート時の天気は快晴で暑いくらい。

 

フリース素材の全身着ぐるみでは当然暑い\(^o^)/しかも全身真っ黒

 

汗がしたたり落ちる。


並走している年配ランナーの方から笑顔で

「暑そうだねー大丈夫?」と声をかけてもらったり、
私の肩をポンポンと叩きながら颯爽と追い抜いていったランナーの方の
後ろ姿を見ると、走りながら自分の背中を指さしていて、

その先にはくまモンのイラストと「がんばろう」という文字が書かれていたり、
ランナーの方々に色々絡んで貰えた。

 

丁度2時間が経過してハーフを過ぎたあたりから、
それまでの汗ばむくらいの暑さから一転、
何故か台風並みの強風が吹き荒れる暴風雨に\(^o^)/

 

フリース素材の全身着ぐるみなので水をどんどん吸って、あっという間に重くなる。\(^o^)/

2kgくらいは重くなっていたかもしれない。\(^o^)/

 

途中、何かの撮影中なのか、ものまね芸人のM高志さんが
ハンディカムを片手にランナーにインタビューをしながら
走っているところを見かけた。

 

しばらく沿道からの「くまモーン!」「頑張れ!」という声に、
手を上げたり、「ありがとうございます!」と応えながら走っていると、
突然、「少し良いですか?」と遠慮がちに話しかけられる。

 

声のした方に顔を向けると、そこにはM高志さんがいた\(^o^)/

 

普段だったら、伏し目がちに片手を上げて早足に立ち去るところだけど、
同じ速度で走っているのでそれもできず、断るのも悪いなと思い承諾。

 

「どのような思いで走っていますか?」と訊かれ、
しどろもどろに「走ることで力になれれば」といった内容の
意味不明の供述をしたところ\(^o^)/、
「我々ランナーは走ることでしか力になれませんからね・・・。
頑張ってください!」と返してくれた。(良い人)

 

突然の暴風雨もあいまって、この頃から心肺機能が悲鳴を上げはじめ、
走り続けるのがしんどくなってくる。

 

初仮装がよりによってこんな日になろうとは。

 

ハーフまでは暑い気温と強い日差し、
ハーフからは冷たい雨と強い風と、
初仮装の洗礼をフルコースでこれでもかと味わうことになった\(^o^)/もう満腹です

 

ピンクパンサーの全身着ぐるみを着た若い仮装ランナーの方から話しかけられる。

 

「きついっすねー、もうダメっす、まだ走りますか?」と心が折れかけている様子。

 

「しんどいですよねー。私はもう少し頑張ります。
早く帰ってスーパー銭湯とかでゆっくりしたいですよね~」

 

「そうっすねw」(爽やかな青年だ)

 

少し話をして「無理しない程度に頑張りましょう!」とお互い言いながら別れる。

 

暴風雨の中、黙々と走り続けるも限界は近く、
歩きたいけど、歩くわけにはいかんとしばらく葛藤した結果、
給水所では少し止まってOK、ただし次の給水所までは走るという
折衷案を採用。

 

給水所で少し止まって、次の給水所まで走ることをただただ繰り返す。

 

途中、田園地帯に突入。

 暴風雨をさえぎるものが何もない\(^o^)/オワタ

 

しかも強烈な向かい風で、気を抜くと風で体を持っていかれそうになるほど\(^o^)/

 

呼吸もままならない\(^o^)/

 

着ぐるみのフードを手で抑えないと勝手に脱げる\(^o^)/

 

この日の常磐線は強風の影響で一部運休になったり遅延したりしていた\(^o^)/

 

電車が止まる強風の中、雨風にまけず黙々と走るランナー達\(^o^)/

 

同日開催で同じく暴風雨に苦しめられた長野マラソンとともに
後々語り草となる苛酷なレースとなった\(^o^)/

 

ようやく田園地帯を抜け、ゴール付近の市街地あたりに戻ってくると応援の方々が増えてくる。


こんな暴風雨の中、応援してくれるなんてありがたい。

 

しかし仮装はすごく受けがいい。

 
女性からめちゃくちゃキャーキャー言ってもらえた\(^o^)/

こ、これが人生で3度しかないと言われるモテ期というものか←違う。

 

仮装で色々声をかけてもらったり、応援してもらったけど、
その中でも一番印象に残っているのは、
ゴールまであと1kmくらいで
「そんな格好でよく戻ってきたね!お疲れ様!」と大声で
言ってくれたおば様。

 

嬉しかったなー。

 

応援に力をもらいながらなんとかゴール。

 

4時間18分12秒(ネットタイム

 

f:id:bendertone0:20180317091527j:plain

 雨でぐしゃぐしゃだ\(^o^)/

 

疲れたー\(^o^)/

 

●レース後

 

へとへと。

 

とにかく疲れたけど。仮装はそれなりに楽しかった。

 

駅からのアクセスが良いし、

暴風雨の中でも応援してくださるような暖かい皆様もいらっしゃるし、
運営の迅速で暖かい対応はさすが歴史のある人気の大会と納得できるし、
何より恩義のある大会だし、タイミングがあえばまた出よう\(^o^)/

 

あの頃わたしはアホでした\(^o^)/⑤「2016年 金沢マラソン」につづく

 

 

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

本日のあれこれ

・腰に若干違和感があるのでスイムではなく、近くの市営ジムで負荷を軽めにして30分のエアロバイク

・市営ジムまでの往復ウォーキング40分

・引き続き、故障の原因と予防について座学\(^o^)/

・風呂上りに入念にストレッチ

・左の大殿筋にめちゃくちゃ硬い張りがあったのでテニスボールでごりごーり。

これが諸悪の根源で左ハムの張り→左右のバランスの崩れ→

右の腸脛靭帯の張り→結果的に右膝の痛みになっていたら、

これで良くなるかも\(^o^)/どこが原因か全く分からないけど、

年度も切り替わったし早く良くなってくれんかのう\(^o^)/

 

体重64.2kg(+0.2kg)

 

 次回更新予定 4/7(土)23:59

あの頃わたしはアホでした\(^o^)/⑤「2016年 金沢マラソン