故障あけから短期サブスリーへの道

おっさんランナー。目標はつくばでサブスリー。ブログを書くことは走力向上の一助になるかもと思いブログ始めました。

疲労抜きジョグ始めました\(^o^)/

今日も朝の7:00出発で
7分/kmで21キロの疲労抜きジョグ。

==================


m9(^Д^)

 

先週までのダメージが残っていて
スピード練習をすると故障しそう、
でも減量しないといけないし、
せっかくまとまった距離を走れる土日に
ランオフは勿体ないしとお悩みのあなた!

そんなあなたに疲労抜きジョグをおすすめ!

 

\(^o^)/

 

どうしたんですか、急に。

 

m9(^Д^)

 

いや、視野が狭くて柔軟性が欠けていて、
「頑張るのも良いけど、ある日突然、擦り切れたザイルのように
プツッと切れないように気を付けてね」と妻に言われるような、
傍からみても強迫観念に囚われているかに見えるお前さんは、
放っておくと体の痛みや違和感を無視して、
勝手に負荷の高い練習をして、勝手に故障して、
暗黒面に堕ちて、下着泥棒して、警察に捕まって、妻に逃げられて、
孤独な晩年を過ごしそうだから、一応故障しないように、
選択肢の一つとして疲労抜きジョグを勧めてみた。

 

\(^o^)/

 

(相変わらず酷い言われようだ)

 

m9(^Д^)

 

月並みな言い方だと、
人生は選択の連続だなんて言われるけど、
万人に共通する正解なんてそうそうなくて、
正解は人それぞれ、もっと言うと
同じ人でもその時の状況で違うもんだ。

 

以前の少ない月間走行距離で故障もしなかった時には
ピンとこなかったみたいだけど、今のお前には
ぴったり合いそうだから勧めてみたという訳だ。

 

感謝しろ。

 

\(^o^)/

 

・・・ありがとうございます。

 

m9(^Д^)

 

とりあえず疲労抜きジョグを提唱されているTakeさん、こと
田中猛雄さんの著書「マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!」を読んでみたけど、

サブスリーを狙える走力のあるランナーを対象に

 

①故障しがちであるにも関わらず、なまじ強靭な意志を持っていたり、
脅迫観念に囚われているせいで、負荷の高い練習をし続けてしまう

 

②疲労が抜けきらず肝心のレースで良いパフォーマンスを発揮できない

 

と言った人は疲労抜きジョグをすることで、
故障しにくくなったり、パフォーマンスが改善しますよという内容のようだ。


なので

 

以前のお前のように

追い込む余地がある人、
疲労抜きジョグをする時間がない人や、

 

他にも

疲労回復が早い若い人、
故障をしないほど強靭な体をしている人

 

は今はピンとこなかったり、必要がないかもしれない。

 

でも将来、そうなった時は選択肢の一つとして
疲労ジョグはありだと思われる。

 

現にサブスリーを狙えるくらいの走力がついてきたけど、
故障しがちで、走らなきゃと脅迫観念に囚われている今のお前には
落としどころとして疲労抜きジョグは試してみる価値はあるだろう。

 

\(^o^)/

 

確かにそうかも。

 

m9(^Д^)

 

少なくとも足の痛みがなくなるまでは
しばらく継続してみたら?

 

\(^o^)/

 

そうします。

 

しかし、疲労抜きジョグを今週からがっつりやり始めたんですが、
すれ違うランナーの方々から挨拶されるようになったのは何ででしょう?

ある程度のスピードで走ってると話しかけづらいんでしょうかね?

 

m9(^Д^)

 

そりゃあれだ。

 

不細工な人間がぜぇぜぇ言いながら苦悶の表情で走ってりゃ、
見ちゃいけないもの見てしまったと目をそらして見なかったことにするからだよ。

 

\(^o^)/

 

・・・。

 

疲労抜きジョグも練習メニューに組み込んで様子をみます\(^o^)/