週末ランナーがチャレンジ富士五湖4LAKESでサブ10を達成するブログ

【第1部】「故障あけから短期サブスリーへの道」に続き、【第2部】として、週末ランナーがチャレンジ富士五湖4LAKESでサブ10を達成するまでの過程を記します。おっさんランナー。故障しがち。コミュ障。2017年つくばマラソンで運よくサブスリー達成。

いわて銀河100kmチャレンジウルトラ補足と習慣の話\(^o^)/

目次\(^o^)/

・いわて銀河100kmチャレンジウルトラ補足

・運命を意志の力で切り開く?

・メンタリスト DaiGoと習慣の話 

・インデックスへの長期積立投資と習慣の話

・運命を習慣で切り開く

 

いわて銀河100kmチャレンジウルトラ補足

 

ちょびさんのレポを含め、他の方のレポを読んでいて思い出したこともあったので補足します\(^o^)/

 

・コース上、森の中の橋を渡る時にふと下を見ると秘境感満載の峡谷が。神秘的ですごく綺麗でした。スケールは違うけど、宮崎は高千穂の「真名井の滝」を思い出しました。写真に収めておけば良かった。

f:id:bendertone0:20190615161751j:plain

↑の画像は「真名井の滝」。高千穂町観光協会HPより拝借。

 

・20km~30km地点の区間で、沿道の皆さんが口々に「おはようございます!頑張ってください!」と声をかけてくれる。こちらも「おはようございます!」と返答しながらも微妙な違和感があった。この違和感はなんだろうと考えてみたら、起床してから色々準備をして30km近く走っているから時間の感覚がおかしくなっていたけど、朝4時スタートで30km走ってまだ7時にもなっていないことに気づいて苦笑した\(^o^)/と、同時に早朝からわざわざ応援してくださった地元の方々に感謝した。

 

・そして早朝から鶏が良い声で鳴いていた。 

 

・私の中では、いわて銀河と言えば、バルタン星人などの驚異的なクオリティの仮装で有名な千田さん。以前からブログを拝見していたので、今回の会場で実際にお見かけした時は「凄い!本物だ!」と密かに興奮した\(^o^)/

f:id:bendertone0:20190615161459j:plain

 

・完走メダルは南部鉄器のずっしりとしたもの。今回の旅行中、南部鉄器で感動したことがありました。中尊寺金色堂売店南部鉄器で作られた風鈴「南部風鈴」が吊るされていて、風で揺れるたびに涼やかな音を鳴らしていました。その音があまりにも素晴らしくてしばらく立ち止まって聞き惚れてしまったくらい。「風鈴ってこんな良い音がするものだったけ?南部風鈴が特別なのか?」と帰宅してから色々な風鈴の音をyoutubeで聴き比べてみる。結果、南部風鈴が特別だったみたいです\(^o^)/

www.youtube.com

現地で聞いたものにはどうしても劣りますが、それでも良い音です。

 

・レース中にしんどかった筈なのに、レース後にすごく楽しかったと記憶が美化された。最近知ったんですが、ピーク・エンドの法則というのがあるみたいです。

自分自身の過去の経験を、ほとんど完全にそのピーク(絶頂)時にどうだったか(嬉しかったか悲しかったか)ならびにそれがどう終わったかだけで判定する、という法則である。

wikipediaより

 

こういった効果のせいもあるんでしょうか。あんなにしんどかったのに、また走りたいと思ってしまうんですよね。怖いですね\(^o^)/

 

でも、走ると脳が鍛えられるらしいのでよしとします!「運動すること=走ること」は脳に良いことだという科学的根拠について書かれている「脳を鍛えるには運動しかない」という本があります。以前読んで面白かったので、簡単にまとめてあるサイトを載せておきます。

matome.naver.jp

 

でも、運動は脳に良くても、よく言われるようにマラソンは体には悪いと自身でも思います\(^o^)/。過ぎたるはなお及ばざるがごとしだと思います\(^o^)/。特に記録志向でのフルやウルトラは特にそう思います\(^o^)/。

 

でも、長く生命活動を行うだけで、生きていると言えるのか、ただ死んでいないだけではないか、好きなことでこれだけのことをやった、私は確かに生きた、と胸を張って死にたいなー

 

とは思うので、色々な条件が折り合えばしっかりと準備をして、また是非ウルトラも走りたいです\(^o^)/

 

・有名な大会は死ぬまでに1回は出たいなーとは思いますが、今一番出たいのは修行度が高いと専ら評判の「高野山龍神温泉ウルトラマラソンです。累積標高2681メートルという日本屈指のハードコース、高野山龍神温泉スカイラインを全面封鎖して走るので沿道の応援があまりないことが修行度が高い理由みたいです\(^o^)/コースを以前一度車で通ったことがありますが、あんなところを走るのは、正直、正気の沙汰ではないと思います\(^o^)/

 

youtubeでマラソン動画を定期的にアップされる山本さんが、今年はまさかの「高野山龍神温泉ウルトラマラソン」を走られていて早速動画をアップされていたのを知った時は、「おおお!凄い楽しみ!週末に見なきゃ!」となりました(笑)。

 

www.youtube.com

 

・といった感じで走ったりブログを書いたり読んだりするのも凄く楽しいんですが、だからこそ他のことにどうしても支障をきたしてしまうので、やっぱり少し封印しないとなと思った次第です\(^o^)/止める訳ではないですけど。

 

運命を意志の力で切り開く?

 

運命を意志の力で切り開け!とよく言われています。


「壺を買ってください」というスピリチュアルな話ではないのですが、苦手な人はそっとブラウザを閉じてください\(^o^)/

 

習慣の話で「今更?」という話ばかりなので、色々習慣に落とし込めている方もそっと閉じてください\(^o^)/

 

運命を意志の力で切り開くとは言うけれど、どうも意志の力だけだと厳しいのでは?と思う所があり、今年に入って色々調べたりしていました。

 

というのも、例えば、仕事でボロボロにすり減って帰宅の途中、「頑張った自分にご褒美セット」という貼り紙が貼ってある立ち呑み屋があったらどうなります?

 

こうなりますよね?テキーラを呑みまくることになりますよね。

f:id:bendertone0:20190615160646j:plain

※イメージです。(C)ザ・ファブル南勝久


それなら帰宅の際はそもそも誘惑のない経路にすることを習慣化した方が、誘惑を意志の力で押さえつけるより確実です。豆腐メンタルの私は尚更です。

 

良い習慣を増やして、悪い習慣を減らす良い方法はないものかと今年に入ってから色々調べていました。

 

メンタリスト DaiGo と習慣の話 

 

最初にテレビで見たときは演出上仕方がないのでしょうけど、ただの手品をさも心理学は万能であるかのように振舞っていてうさん臭い人だなーと苦手意識がありました\(^o^)/

 

ただ、習慣や速読の方法について調べていた時に、youtubeで面白そうな動画があったので恐る恐る見てみたところ、多少攻撃的な物言いや、色々誘導しようとしているよなーと警戒する所はあっても、別の方の本と同じ内容を話していたり、言っていることは為になって納得できることも多かったので、興味のあるものは無料の範囲で見るようになりました。特に役に立ったのは、習慣の話速読の話です。

 

それで興味のある内容はたまに見たりしています。ただし、基本的に自己啓発系の動画が多いので苦手な人は要注意です。

 

ちなみに妻は自己啓発系の話が苦手で、私がそれ系の内容に触れると、チャールズ・ブコウスキーの本を読んだ方が役にたつよと一蹴するような人なので、私のyoutubeの履歴一覧を見て引いていました\(^o^)/

余談1・チャールズ・ブコウスキーアメリカの有名な作家とは知ってはいたんですが、ウルトラ関係の海外の本を読み漁っていると、ブコウスキーの詩がたまに引用されていることがあって、本当に有名なんだと驚きました。

余談2・ブコウスキーの短編で好きなのは「町で一番の美女」という短編で、ブランキージェットシティの「彼女は死んだ」の歌詞はこの短編にインスピレーションを受けたんじゃないかと勝手に思っています。

www.youtube.com

 

あと、人の心をテクニックで操るのは苦手、抵抗があるという方も要注意です。オードリーの若林の本で、先輩芸人との飲み会の席で他の若手芸人が「これ美味しいっすね!これ美味しいっすね!」と連呼する様子を冷めた目で見ているという話に共感してしまう方は見る動画は選んだ方が良いでしょう\(^o^)/え?誰の話かって?私ではないですよ\(^o^)/上司の微妙な話を目を輝かせて首を大きく縦に振りながら聞いていて、後で馬鹿にしているのを聞いてすげーな、これだけできればサラリーマンとして立派にやっていけるよな、と思うような人です。え?誰の話かって?私ではありませんよ\(^o^)/

 

そんなこんなで動画を参考にしつつ、片っ端から面白そうな習慣についての本を読み漁ったおかげで、煙草を止められたり(現在禁煙138日目\(^o^)/多分もう吸うことは無いでしょう)、睡眠の質を上げたり、PCにスタートアップ設定をして面倒な作業を実行するためのプログラムを立ち上げて優先的に処理したり、土日の午前中はネット断ちできる環境で作業することで効率的に作業ができたりなどなど、去年よりは色々効率的に動けるようになっています\(^o^)/

 

あと、部屋のスペースを確保してストレッチマットを引きっぱなしにしつつ、ストレッチ表とストレッチポールとテニスボールをそばにおいておき、走って風呂に入った後は、時間がない場合でも気になる所を、比較的時間がある場合は全身をストレッチするようにしていました。先日のいわて銀河100kmの大エイドで学生トレーナーの方にストレッチをして貰ったんですが(その節は本当にありがとうございました!)、全身が柔らかいですね♪と一応褒められている感じで言われたので普段からストレッチしててよかったと思いました\(^o^)/なにせ以前、無料のストレッチ体験をした際はやまださんの体はがちがちのはぱさぱさのささ身みたいな体ですm9(^Д^)、と指摘されたことがありましたから\(^o^)/

 

習慣大事\(^o^)/

 

インデックス投資と習慣の話

 

興味のある本を電車の中で読んでいますが、ちょっと気になっていたインデックス投資についての本を数冊読んでみました\(^o^)/

 

私はあまり投資の世界に良い印象は持っていません。投資の世界といえば、「銀と金」に出てくる蔵前のような魑魅魍魎が巣くう雀荘のような人外魔境だというイメージです(><)

f:id:bendertone0:20190615160634j:plain
※個人の偏見に満ちた見解です。(C)銀と金/福本 伸行。超名作。


右も左も分からないカモが足を踏み入れようものなら、最初の内は少額を気持ちよーく勝たせてくれるけど、オーラスでダブル役満をあっさりと直撃して箱割れさせるんです\(^o^)/オワタ。そして優しくこう言うんです。

 

「惜しかったなぁ、お兄さん。ところで金なら貸すからもう半荘どうかね?」と(><)そこで熱くなったら最後、身ぐるみを剥がされるという\(^o^)/

f:id:bendertone0:20190615173635j:plain

※個人の偏見に満ちた見解です。(C)銀と金/福本 伸行。西京麻雀編は至高。


という冗談はさておき\(^o^)/、損をするのは欲や不安が原因と言われます。それらをいかに克服するか。

 

多分、立ち呑み屋の頑張った自分にご褒美セットの誘惑への対処法と同じなのでしょう。意志の力だけでは厳しい。意志の力は使えば使うほどすり減るから。だからと言って意志力は重要ではない、鍛えなくても良いという話ではないのですけど、最初からあてにせず合理的な規律を作って習慣化させてしまった方が確実で、何より楽だという話なのでしょう。

 

「投資の神様」ウォーレン・バフェットさんの教えの中に「投資信託・ファンドは買ってはいけない」というものがあるみたいです。アクティブ・ファンドは大抵の場合インデックスを下回る成績しか出せないからだそうです。そして逆に薦めているのがS&P500に連動するインデックスへの長期の積立投資。

 

超適当に、ネットで公開されている日経平均のデータをもとに少し調べてみました。(以下、個人的にざっくりと調べた結果。内容については一切責任は取れません\(^o^)/)2000年1月のITバブル崩壊前の日経平均株価19,539円。ここから一定額を日経平均に連動する架空のインデックスファンドを毎月終値で買い続けると、リーマンショック後の2009年2月の日経平均株価7,568円では、日経平均の下落率62%に対して、インデックスファンドへの積立投資額に対する下落率は39%で済んでいます。(でも39%は下がっていますけど\(^o^)/)その後も安い所でインデックスファンド投資を続けることになるので、アベノミクス開始後の2013年2月の11,559円では、日経平均の下落率41%に対して、インデックスファンドの評価額は投資額に対して2%上回って原資回復できています\(^o^)/その後はアベノミクスの上昇に応じて評価額もどんどん増えていきますね。強烈に下がった時でも一度に買った時よりも投資額に対する評価額の下落率は抑えられる、下がった時に多く買い続けるので上がった時に原資回復が早いというメリットがあります。それらを知っていれば欲や不安で右往左往して余計なことをするのも防止できそうです。勿論、日経平均に限らず、成長が期待できるどこの国の何のインデックスに投資するべきかと、どうなったら決済するかという問題もありますけど。先日どこかで見かけたニュースで、経済の有識者の会合の中で「2018年の10月が日本の景気のピークだったのではないか」という物騒な話が出ていたみたいです。勿論、上がってもらって日本の景気が良くなってもらわないと困りますが、下がる可能性も当然ありますし、下がったことで損失を抱えることもあります。それでも、下手に動いたり、下手な自称プロに任せるよりはメリットがありそうですし、捨てても良いお金で運用するなら、個人投資家に推奨されるようにインデックスの長期積立、そう悪くないかも。(調査結果終わり)


自己投資した方が良いんじゃいないかという意見ももちろんありますし、私はチキンなので株や投資信託はやりませんが、もしどうしてもやらならいといけないのなら、無くなっても良いお金の範囲でインデックスファンドの長期積立をすると思いました\(^o^)/TKさんがNISA積立で分散投資されている感じです\(^o^)/

 

以上、誰得な内容ですけど、折角調べたので残しておきます\(^o^)/

 

運命を習慣で切り開く


誘惑にまけて余計なことをしないように、あらかじめ合理的なルールを決めて習慣化する。

 

日常生活でも投資でも、ランニングでも習慣大事という当たり前の話でした\(^o^)/多分、この先も色々なことがあるとは思いますけど、フルサブ3とウルトラサブ10を達成する過程で学んだことのお陰で、多分それなりにやっていけるだろうという自信はつきました\(^o^)/感謝です。


また不定期更新になります\(^o^)/

 

おしマーズ・ヴォルタ

www.youtube.com

 

【遅報】いわて銀河100kmチャレンジウルトラマラソン

※いわて銀河、同日開催の飛騨高山の他の皆さんのレポに比べると、自分のレポは夜行バスの出発を待つ間にスマホでろくに推敲せずに作成したものとはいえ、あまりにもやっつけすぎて酷すぎたので少し手直ししました\(^o^)/
↓ ↓ ↓
 
 
ある日の妻との会話
 
\(^o^)/レースにエントリーしたよ
 
(^ν^)え?ウルトラでサブ10を達成したら走るのをやめるんじゃなかったの?
 
\(^o^)/ああ、それは記録狙いは当面控えるという話。今回のは頑張った自分にご褒美ランだから。
 
(^ν^)頑張った自分にご褒美ラン?
 
\(^o^)/ちなみにエントリーしたのは、いわて銀河100kmチャレンジウルトラマラソン100kmもファンランできるお得な大会なんだ♪
 
(^ν^)100km、ファンラン、お得?
 
\(^o^)/・・・
 

f:id:bendertone0:20190609213824j:plain

 

というやりとりがあり、妻はいまいち釈然としていませんでしたが(ランナーの皆様におかれましてはきっとご理解いただけるものと存じております)、参加自体は快諾。
 
ところがダンベルを持ってランジスクワットをしていたら足首を微妙に痛めて走るのに支障をきたしたり、梅雨入りで天気も崩れそうだし、直前までDNSするか迷う\(^o^)/。しかし天気もかろうじて持ちそうだし、せっかくなので、岩手旅行を兼ねて現地入りして観光、とりあえず走ってみて無理そうなら適当にDNFすることに。
 
金曜日に残業が終わり、帰宅後準備をして夜行バスに乗り込み、土曜の朝に盛岡入り、ご当地グルメ福田パンの本店に行ったり、年に一度の祭り「チャグチャグ馬コ」を見たり、盛岡駅ジャージャー麺を食べて、地元の日本酒「南部美人」を利き酒して、北上駅に移動して大会の受付をしたあと、平泉に移動して世界遺産中尊寺金色堂を拝観したり、大会前日に満喫。
 
翌日に地獄を見ることも知らずに\(^o^)/
 
 
で、結果。

f:id:bendertone0:20190609213927j:plain

 
11時間47分13秒
 
60kmの大エイドでDNFするつもりが何故かゴールしてました\(^o^)/
 
とりあえず感想を適当に↓
 
・昨日の記事、全部、岩手県にちなんだもの。
 
・当日朝、イマイチ胃腸の調子が良くない。食べ過ぎたか、呑みすぎたか\(^o^)/
 
・ちょびさんも参加されることが分かっていましたが、私がコミュ障、ギリギリまで参加を迷っていたこと、参加してもDNFの可能性も高いことから、特段連絡は取らず\(^o^)/。すまぬ。
はてブロランナーで今回参加しているのはどうも私とちょびさんだけのようで、私ははてブロノースリを着ているのでチョビさんが気づいてくれるか、チョビさんははてブロTを着ているだろうから私が気づくか、巡り合わせがそうなったら少し話せば良いやという考え\(^o^)/雑。準備をする中でそれとなくはてブロTを着ている人を探す。見つからず。
 
・そうこうするうちにスタート直前になる。相変わらずウルトラ特有の緩い雰囲気。スタート。ノープラン。コース図もろくに見ていない。補給食は一つも持っておらず完全にエイド頼り。エイドはあまり充実していないという事前情報もありましたが、そんなことはないだろう、必要最低限はあるだろうし、なんとかなるでしょと希望的観測。楽しんで走ってトラブルが起きたら臨機応変に対処すれば良いや。ファンランだし。という考え。
 
完全にウルトラ舐めていますね。マラ神様、ご立腹。当然、地獄をみることになりました\(^o^)/。今後のために失敗できる時に失敗例のサンプルを集めたい気持ちもなくはなかった、と言えば聞こえはいいですけど、戦略が要のウルトラでこれは油断しすぎ\(^o^)/
 
・スタートしてそれとなくはてブロTを探す。見つからず。基本ワンウェイの筈だから今回はそういう巡り合わせではなかったなーと諦める\(^o^)/
 
・スタートして基本5:30/km前後で走る。チャレ富士の時より抑えたペースでしたが体重が4kg増で、私は1kg増で5秒/kmほど遅くなるので、練習をロクにしていないことも考慮すると、本当だったら5:40〜5:50位でもっと抑えるべきでした\(^o^)/。途中5:30/km前後の色白美肌の美ジョガーさんの後ろに結果的に付くことになる。全体的に日照時間の関係か、色白美肌の美ジョガーさんが多かった気がしました。最初は眼福♪眼福♪とおっさん丸出しの下卑た感想を抱いていた(最低\(^o^)/)のですけど、この方実力がある方で、周りの応援に律儀にすべてに応えながら、無駄のないフォーム、一定のペースで、淡々と巡航されていて、私の巡航ペースとほぼ同じだったため、しばらく付かず離れずになりました。すぐ後ろでプレッシャーをかけても悪いし、少し離れて走るのも目のやり場に困るしなーと思い、色々考えた結果、少しペースアップして前に出て淡々と走ることに\(^o^)/。そして案の定、後で潰れる\(^o^)/アホ。\(^o^)/全面的に私が悪いんですけどね。修行が足りん\(^o^)/
 
・年配の女性には優しくしろ、というのがうちの死んだじーさんの口癖だったので、(私がことさら年配の女性に厳しかったわけではなく、むしろ逆)、早朝から沿道で椅子に座って応援している年配のおばさま達に声を出しつつ手を振って感謝の意を伝える。大会動画でこの日を一年楽しみにしていると年配のおばさまが仰っていて、好き勝手に走らせてもらっている身だし、地元の方も少しでも楽しんで貰えたらなーという思いもある。綺麗事だけどそんな気持ちも少なからずあってのこと。
 
・50km経過。完全に脚が終わる。地味なアップダウンの連続で脚が削られた。途中の峠越え?でこの大会の名物である「なめとこライン」があるのはなめとこ山というところで、宮沢賢治の「なめとこ山の熊」の舞台?とアップダウン中に思いつき少しテンションが上がった\(^o^)/。むしろ、何故今まで気づかなかったのか自分でも不思議だ。アホだから\(^o^)/。「けれどもこんないやなずるいやつらは世界がだんだん進歩すると一人で消えでなくなっていく。」という言葉が印象的な話です。うちの業界の最大手やうちの会社かと思わないでもないんですが身バレするとあれなのでこれ以上は控えます。
 
・色々考えながら走る。なんでこんなしんどい思いまでして走り続けるんだろうと自問自答。ウルトラでは特に考える時間は腐るほどありますし\(^o^)/。私にとって走ることは、心身を最適化する行為なんだなーと再認識。ウルトラはやりすぎな気もしますけどそれはここでは措きます\(^o^)/そしてなめとこ山の件は、舞台は当然そうでしたがさっき調べたら崩落して去年の大会中止の原因になってまだ復旧していので今回のコースには含まれていなかったみたいです\(^o^)/残念。聖地巡礼的なオタク気質
 
・50km過ぎで脚が完全に終わってしまい、脚の違和感は故障系の痛みに変わってはいないけど、徐々に違和感は増しているし、このまま走り続ける理由は今回はそうない。60km近くに大エイドがあった筈だし、そこでDNFだなー、と思いながら下を見ながらトボトボと歩く。
 
・向かいの反対車線から速そうなランナーが走ってくるのに気づく。周りの方たちの会話からどうやらここから行って来いの唯一のスライド区間になっていると知る。へー、そうなんだと思いつつ、三度はてブロTを探す。すると向かいからやってくる水色基調の胸に黄色の文字が書かれているはてブロに非常に似ているTシャツを着ているランナーと今まさにすれ違おうとしているのに気づく。そうそうあんな感じなんだよねー、て、あれはてブロTじゃないのか!?と思った瞬間、向こうも私がはてブロノースリを着ていると気づいていたらしく、「はてブロxoxo〜!と声をかけてきてくれたので(多分)、こちらも「はてブロファイト!」とエールを送りつつ咄嗟に手を振った。
眼鏡をかけてたみたいだし、あれ多分ちょびさんだなー、必死に走っていてかっこよかったけど、結構キツそうだったな。体調悪かったのかなーと思った。その時は。
 
・その後、大エイドでDNFするしと走ったり歩いたりしてるけど、なかなか折り返し地点が来ない、4kmほど進んだ折り返し地点でようやく大エイドが。え、するとあのおそらくちょびさんらしい人は私のあの時のタイムで8km余計に走って、大エイドもこなしてたの?このまま失速しなかったらサブ10どころじゃない、下手するとサブ9.5だ。と少しテンション上がる。てかちょびさんならやりかねんなーと思いつつ、後で速報を確認したら、やっぱりサブ9.5を達成されていました^_^。おめでとうございます!
 
・そして大エイド到着。毎年ストレッチのサービスが行われているのは知っていたので、今年もどうやらストレッチしてくれるみたい。ケアのために申し込む。ほぼ待ち時間なしで案内されると学生トレーナーの方がストレッチをしてくれるとのこと。最初はあおむけになり右足を丹念にをストレッチしてもらうと右足のだるさが綺麗さっぱりになくなる\(^o^)/すごい。次に左側。左のだるさも綺麗さっぱりなくなる\(^o^)/すごい。しかも終わった後に、曇りのない眼差しで私の濁りきった眼を見ながら、完走をするために必要なアドバイスを真摯にしてくれるのですよ。ここまでしてもらって、「いや、私まだ走れるけどここでレースを投げるんで」とは口が裂けても言えるわけがない\(^o^)/あとでこっそりDNFもできそうにないなー。やったらロクデナシのヒドデナシ。と、思ってしまった。なので、ありがとうございます!必ず完走します!と言いながら、その場を離れて、ドロップバッグの中身から充電器を引っ張り出して少しガーミンを充電しつつ休憩して、レース続行\(^o^)/大エイドを後に\(^o^)/
 
・今年からコース変更の影響なのか、エイドの内容が変更。しかも、もともとあまり充実していないと言われていたけど、更に悪い方向に変更されたかもしれません\(^o^)/エイドをアテにしていた私は当てが外れる。なので基本どのエイドにもあったバナナで空腹を凌ぐ。多分細切れにされたものを合わせるとトータルで合計で8本くらいは食べた。もしかするとランナーの中でバナナを食べた本数ランキングだったら上位に入れるかもしれない。ゴリラを目指すものとして恥じぬ行い。このエイドの件は地元のラン倶楽部の方々もまずいんじゃないかと思われたらしく、絶妙のポイント・70km地点で私設エイドを出されていました。給水は十分に摂っていたつもりだったけど、70km少し前から口の中がからっからになってしまい、軽く脱水&ハンガーノック気味でやばいなーと感じていた時だったので地獄に仏でした。甘酒とビタミンのジュースを頂いてめちゃくちゃ回復しました。ありがとうございました!
 
エイドの給食の量と種類は本当に必要最低限かもしれません。その代わり、レース後に振舞われる、トン汁、焼きそば、チマキ2個、生ビールに全振りしている感があります。でもそれでも良いのかもと思うようなりました。私はタイム狙いの時はエイドの給食は殆ど食べませんし、給食は人によって必要なものは異なりますし、大量に用意して廃棄されるくらいなら、エイドの給食ではなく、レース後に無料で飲食ができるサービスの方がありがたいような気もしています。ただ、それはそれで事前にランナーに対する十分な周知は必要でしょうけど\(^o^)/
 
・最悪全部歩きでも完走できるだけの貯金を少しずつ作りながら走る\(^o^)/貯金ができた後はチャレ富士の時と同じく、ゾーンに入るために、今この瞬間、自分の走りだけに集中して走る。浅瀬でぱちゃぱちゃやっているだけの感じもするけど、苦しさやきつさは軽減されたし、しんどくても走り続けることもできたし、ゾーンの一歩手前までは入れた気もする。後半、疲れで体に余計な力みがなく、頭は雑念を思い浮かべる余裕がない、それがゾーンに入りやすい私の条件?いやー、もっと意図的に自分から序盤でも入れるようにしたい。これは今後も要検証と要改善\(^o^)/
 
・そして何とかサブ12時間でファンラン終了。
 
・レース中はファンランと言えるのかというような地獄を見ましたが、エイドが人によっては量と種類が若干不足しているかもしれない件を除けば、本当にいろんな人たちに助けられたおかげで完走できました。
 
歩道のない狭い車道で走行コースを確保するために数kmにわたって三角コーンを並べてくれたり、赤信号でもランナーを優先して車を止めて横断歩道を渡れるように誘導してくれたり、少しでも冷えた状態で渡せるようにキンキンに冷えた飲み物を次々にコップに注いでくれたり、キンキンに冷えたタオルを渡してくれたり、被り水をかけてくれたり、荷物をすぐに持ってきてくれたり、沿道で何度も集団で応援してくれたり、私設エイドで寄って行ってください!と声をかけてくれたり、厚かましくも甘酒を飲んでも
良いかと尋ねたら快諾してくれたり、ジェラートを好きなだけお替りしてください!と言ってくれたり、ストレッチして残り40kmを走り切れるようにアドバイスしてくれたり。
 
それに岩手の雄大な自然、新緑の中を走れる心地よさ。雄大すぎてまだこの峠ゾーンや森林ゾーンは終わらないのかと心を折られかけましたけど\(^o^)/
 
終わってみればあんなに苦しかったのに非常に楽しかったと早速記憶の改ざんが行われ始めています\(^o^)/怖いですね。
 
総じてすごく楽しかったので、当初のファンランの目的を達して大満足です\(^o^)/
 
これから夜行バスで地元に戻ります。妻の忠告通り、行きはともかく帰りは新幹線にしとけば良かったと多少後悔していますが、それは次回以降の検討課題にします\(^o^)/

食べて呑んだ分は走ろう、そうしよう\(^o^)/

福田パンのコッペパンで一番人気、あんバターを購入。

f:id:bendertone0:20190608085251j:plain

 

ゆうに手のひらサイズはあろうかという大きさに、あんことバターがこれでもかと塗ってある。カロリーは1000kcal弱あるらしい)^o^(

 

しかし悪魔的美味しさ\(^o^)/

 

いろんな意味でこんな時でもないと食べられないので良しとしよう\(^o^)/

 

神社に向かうバスの中で、妊婦さんにどどどどーぞとコミュ障ぶりを遺憾なく発揮した席の譲りかたをした\(^o^)/

 

徳を積むことで情けは人の為ならず的な良いことでも起きんかなーと打算がありましたけど

 

f:id:bendertone0:20190608104119j:plain

 

おかげでいい感じの写真も撮れたので良しとします。

 

白龍でジャージャー麺を食べて、南部美人純米大吟醸を呑んだ分だけでも走れれば良いか、40kmくらいかな、走れるかな?

 

よろしくお願い申し上げます!

 

生存報告2\(^o^)/

とりあえず元気に生きています\(^o^)/

 

目次\(^o^)/

・クマー

・クロストレーニングと心拍数

 

クマー

 

www.fukuishimbun.co.jp

 

少し前に「アイヌ民族最後の狩人 姉崎等」さんの「クマにあったらどうするか」という本をちょうど読んでいました。

 

先週の日曜の夜に、本の内容に触れたブログを8割方書いたところで力尽きて寝てしまい、このままお蔵入りにしようと思っていましたが、折角なので仕上げてアップします\(^o^)/

 

ちなみに姉崎さんは知る人ぞ知る方で、色んな作品の元ネタになっています。

 

ザ・ワールド・イズ・マインのヒグマ撃ちハンター・飯島猛

f:id:bendertone0:20190607131458j:plain

 

容姿が一致。

 f:id:bendertone0:20190607131641j:plain

 

 

ゴールデンカムイアイヌ犬・リュウ

f:id:bendertone0:20190607131426j:plain

 

愛犬の名前が一致。

f:id:bendertone0:20190607131442j:plain

 

本の中でクマに会った際の対処法が幾つか挙げられていますが、その中でも、アメリカの著名な動物行動学者であるスティーブン・ヘレロ博士の対処法と共通しているものを考慮して、僭越ながら勝手に重要度をつけてみました↓

 

◎背中を見せて逃げない
◎じっとその場を動かない
◎相手の目をまっすぐに睨みつける
〇大声を出す
〇クマは蛇が苦手なのでベルトを振り回す

 

走って逃げるのが一番駄目みたいです。

速攻で襲われるそうです\(^o^)/オワル

 

ウルトラランナーのレジェンド、スコットジュレクさんも「NORTH 北へ―アパラチアン・トレイルを踏破して見つけた僕の道 」の著書の中で、クマにあった時にしばらく立ち止まって動かず、その後静かにゆっくりと立ち去ったエピソードを紹介されていました。

 

姉崎さんが仰るには、ばったり人間と出くわしてしまい自分が襲われていると勘違いしたり、子連れの母クマが子供を守りたい一心で攻撃してくるケースもあるものの、もともとクマは人を襲うような動物ではないとのこと。

 

ただし、一度でも人を襲った熊は、人は弱くて美味しい生物だと知ってしまっているので、また必ず人を襲うそうです\(^o^)/運悪く襲われたら、ダメ元で口の中に手を突っ込み、舌を思いっきり引っ張ると撃退できる可能性もあるそうです\(^o^)/できるか?

 

とりあえずクマのいる可能性がある山に入る時は熊鈴をつけるようにします\(^o^)/

 

 

クロストレーニングと心拍数

 

先々週の土曜日のこと。早朝6:30から営業しているパン屋に買い出しジョグのため6:00に出発。@6:00のゆっくりしたペースであるにもかかわらず心拍数が高めで結構きつい\(^o^)/

 

相変わらず週末に走る週末ランナーですけど、平日は今までのバイクトレではなく筋トレをしているので、心肺機能がかなり低下していると思われます\(^o^)/徐々に逆三角形の筋肉モリ男になりつつありますけど\(^o^)/

 

筋トレとうまく組み合わせてバイクトレのタバタとメディオを復活させて心肺機能を鍛えたところ、先週は15km@5:30~6:00をそこそこの心拍数で走れました\(^o^)/

 

昨シーズンは故障してばかりでろくに走れませんでしたが、それでも自分で納得できるそこそこのタイムを残せたのはバイクトレのおかげも大きかったなーと再認識\(^o^)/


ちなみにチャレ富士で100km走った時の心拍数の推移。

 f:id:bendertone0:20190607131623j:plain

 

最初は早朝で体が起きていなかったからなのでしょうか心拍数が高く、脚の疲労度がどんどんますにつれてペースは落ちていったものの、心拍数は脚の疲労度とは逆に下がってまだまだ余裕があったみたいなので、故障中にひたすらやっていたバイクトレのメディオのおかげもかなりありそうだなーと実感しました

 

bendertone0.hatenablog.com

 

異なるものを必要性に応じてその時々で組み合わせることも大事だなーと思った次第です\(^o^)/

 

引き続き平日は筋トレ+バイクトレ、週末は夕方に軽く走って最低限の走力は維持したい所です\(^o^)/

 

そして蛇足です\(^o^)/。最近、宮沢賢治さんの本を色々読んでいて、何となくゴッホと似ているよなーと思っていたら、ゴッホについての詩を残していたり、「銀河鉄道の夜」はゴッホの手紙からインスピレーションを受けているんじゃないかという話もあるみたいで、驚いたり、少し嬉しかったりしました\(^o^)/日本の浮世絵がゴッホを含めたヨーロッパの印象派の画家達に影響を与え、ゴッホ宮沢賢治さんに影響を与えていたとしたら、国や絵画のスタイルだけではなく、絵画や小説というジャンルの垣根さえ越えて、色々影響を与えつつ、良いものができるって凄い話だなーと思ったのでした、まる\(^o^)/


おしマーガレット廣井(Ba.と歌と主犯格)。

https://www.youtube.com/watch?v=D90AOhojK3M

曲も凄くいいけどプロモに歌川国芳の浮世絵が使われているのも良いです\(^o^)/

 

 あ、明後日は各地でウルトラマラソンの大会が行われますが、参加される皆様、頑張ってください!

生存報告\(^o^)/

最近、やまだ、全然更新しないし、どこかで野垂れ死んでじゃないの?

と思われていそうなので、生存報告です\(^o^)/

 

●2年ぶり通算3回目、野生のすずらんの群生地をゴールに設定したトレランであやうく遭難しかけたり。色々タイミングが重なれば人って意外と簡単に\(^o^)/オワタになるかもと思ったり\(^o^)/

f:id:bendertone0:20190519174721j:plain

見頃より少し早かった\(^o^)/でも今年も綺麗でした。

f:id:bendertone0:20190519174737j:plain

f:id:bendertone0:20190519175030j:plain

大腿四頭筋がばりばりの筋肉痛になるほどの良い運動になりました\(^o^)/トレランも面白いです。

 

●平日と土日の午前中はもう一つのやりたいことにほぼ全振りしていて、マラソンで学んだことも活かしつつこの調子で成長し続ければ数年後には多分何とかなりそうと手ごたえを感じていたり。
その一方で、エベレストの地上8000メートルを超える地上の酸素濃度の1/3しかない通称「死の領域(デスゾーン)」をうろうろしているようなものなので色々タイミングが重なればあっさり\(^o^)/オワタになる可能性もなくはないので油断できんよなーと気を引き締めたり。

www.youtube.com

この映画、面白いです\(^o^)/

 

●平日は空いた時間で森の賢人・ゴリラになるべく、可変式ダンベル(20kg×2)を購入して筋トレに励んだり。土日は夕方に軽く60分ジョグっていて、今のところはどこも痛くないので、当面は走れるゴリラを目指そうと思ったり。

 

●今後の参加レースは色々検討中ですけど、どうせなら各都道府県で1つはレースに参加するという、ラソン全国制覇を目指してみるのも面白そうとあれこれ楽しんで調べてみたり。

 

●故あって宮沢賢治関連の本を読み漁っている中で、実は宮沢賢治は同性愛者だった可能性が高いという説を知って妙に納得したり。宮沢賢治の作品の舞台にもなっている岩手県の自然の中を走る「いわて銀河100kmチャレンジマラソン」に参加される方、頑張ってくださいとエールを送ったり\(^o^)/

 

●OZという刑務所の中で囚人たちがわちゃわちゃするアメリカのドラマにドハマりしたり。

f:id:bendertone0:20190519180427j:plain

名作\(^o^)/

 

井上尚弥さんの試合の動画時間をみて「あっ・・・(察し))となったり。

 

●皆さんのブログ巡りはおもに週末に行いつつ励みにさせてもらったり。仙台で生まれた伝説に笑わせて貰ったり\(^o^)/


とりあえず元気でやっています\(^o^)/

チャレンジ富士五湖4LAKESレポ⑧ ゴール後と総括~【第2部】週末ランナーがチャレンジ富士五湖4LAKESでサブ10を達成するブログ 最終回~

 

チャレ富士レポ前回まで↓ 

レポ①~会場入りまでと装備・補給について\(^o^)/

レポ②~サブ10を達成せよ\(^o^)/~10kmまで

レポ③~戦略を再構築せよ\(^o^)/~35kmまで

レポ④~身体と対話せよ\(^o^)/~56.4kmまで

レポ⑤~気合いを注入せよ\(^o^)/~80kmまで 

レポ⑥-1~ゾーンに没入せよ\(^o^)/~95kmまで 

レポ⑥-2~ゾーンに没入せよ\(^o^)/~95kmまで 

レポ⑦~今に集中せよ\(^o^)/~ゴールまで 

 

ゴール後


・ゴール後、よっぽど私が嬉しそうにしていたからなのか、恰幅の良い男性の方が満面の笑みでハイタッチを求めてきたので、私も満面の笑みでハイタッチに応じた(^o^)/\(^o^) もしかすると大会実行委員長の渡辺さんだったのかも。

 

・完走メダルとフィニッシャータオルを受け取る。チップを外してもらい、完走証を受け取る。サブ10を達成したことを妻に報告、その後ブログに速報をアップ。これで一安心\(^o^)/

 

・少し離れた体育館で荷物とドロップバッグを受け取り、同時に色んなところで攣りそうな脚をなだめすかしながら着替えて、軽くストレッチ\(^o^)/

 

・朝は暗くて気づかなかったけど、8月に行われる火祭りロードレースの会場と同じ所だとようやく気付く\(^o^)/遅い。火祭りロードレースもハーフだけど坂祭りで良い大会なんですよね。

 

・豚汁、バナナ、カリフォルニアレーズン、コーヒー、クエン酸等が振舞われていたので、有難くいただき、富士山駅行きのシャトルバスに乗り込み会場を後にしました。

 

・一晩明けたら、足の甲、足首、ふくらはぎ、太ももが本当に1.3倍くらいの太さになり怯えました。が、4日したら元の太さに戻って安心しました。

 

・故障系の痛みはなし。ただし筋肉痛がひどかった。一週間たってようやくジョグできるくらいには回復。同じ100kmを走ったはずのRyoさんが一週間後に10kmをキロ4を切って走っていて驚く\(^o^)/若さなのか鉄人なのか、いずれにせよ凄い\(^o^)/

 

・レース後特有の眠気や疲労などの倦怠感は不思議と殆どなかった。あの白い粉のおか・・・。もう少し検証します\(^o^)/

 

チャレ富士総括

 

・サブ10ランナーの統計上のタイムと結果↓

f:id:bendertone0:20190429135457j:plainf:id:bendertone0:20190429200628j:plain

 

70kmまではほぼサブ10ランナー統計通りのタイム、70km~95kmまでは少しずつ貯金を作りながら、ラスボスの激坂で貯金を切り崩す安全策でゴールした感じ\(^o^)/統計すごい。

 

結果論で言えば、70km以降もう少しペースダウンして良かったかもしれませんが、初ウルトラで70km以降が未知の距離であること、ラストに激坂が残っていることを考えると、ペースダウンできませんでした\(^o^)/それでテンパって心が折れかけるという\(^o^)/

 

それでも全体を通してみればうまくペースメイクできたかもしれません。余力は全くありませんでしたが\(^o^)/ 

 

・今回のチャレ富士でサブ9を達成された「ごまさん」のブログ

最近ブログを始められたばかりで、先日のチャレ富士で見事サブ9を達成され、私が漠然とやりたいなーと考えていることを、かなり高いレベルで実践されている「ごまさん」のブログです。

ameblo.jp

 

 私のブログよりはるかに役に立つ情報が満載です。ウルトラを走る方は読んで損はないと思われます。\(^o^)/L-グルタミンの使用を最終的に決めたのはごまさんが使っていたからというのもあります\(^o^)/

 

・ガーミン235J

バックライト機能を切って、5km毎の自動ラップにして、色々電池消費を抑える設定にしたら、ゴール後は11%くらいの電池残量でした\(^o^)/。一応11時間は持つという仕様ですが、年月が経ったバッテリーだと電池消費が激しいという話もあり、ゴールまで持たないかもしれないと思っていたので最後まで持ったのは嬉しい誤算。

 
・今回のチャレ富士に臨むにあたって、過去にチャレ富士に参加された方のレポは勿論、他の方の他の大会のレポも装備や心構えなどを色々参考にさせてもらいました。並びに、技術やメンタル、身体のケアの面で色んな方のブログを参考にさせて貰いました。この場を借りてお礼いたします。ありがとうございました!

 

・レース中にしんどい時、ちょびさんのサロマでサブ10を達成した時のブログの中の、ここでサブ10しなかったら、また来年絶対サブ10してやるってリベンジしに来るに決まってる!という言葉も力になりました。前後の流れも含めてちょびさんらしいです。シンプルで確かにそうだよなーと思える至言です\(^o^)/

 

・初ウルトラでチャレ富士を走ってみた感想。

 

 凄く楽しかった\(^o^)/!?

 

今回のレポを書いていると、あんなに辛かった筈の出来事が、何故か凄く楽しかった思い出に美化されつつあるのが怖い\(^o^)/。

 

ウルトラマラソンを実際に走ってみて感じた魅力は、一口には言えませんが、食事、観光、運動、他者とのコミュニケーション、自己啓発等、色んな要素が楽しめる鍋のよう競技で、人それぞれ、その時々で、色んな楽しみ方ができる点。

 

加えてチャレ富士は、富士山、桜、山中湖の織り成す風光明媚なコースを走る前半戦から、河口湖や足和田出張所を過ぎてからの、微妙なアップダウンだとか、狭い歩道だとか、うねうねした湖畔だとか、自分のちっぽけさを自覚させて心を折ろうとしてくる自然の雄大さだとか、1分1秒を削ってきた労力と時間を帳消しにするために最後に待ち構える激坂だとか、凄く攻略しがいのある面白いコースだと思いました\(^o^)/

 

しばらく故障の完治を優先してレースを入れていませんが、完治したら多分またウルトラマラソンに喜々としてエントリーすると思います\(^o^)/。ちなみにチャレ富士、今度は2019年、秋開催らしいんですよね・・・\(^o^)/丹後もあるし・・・。色々検討しようと思います\(^o^)/

 

【第2部】週末ランナーがチャレンジ富士五湖4LAKESでサブ10を達成するブログについて


・サブ3を達成した流れでウルトラサブ10を目論むも、そこから故障続きで1年半かかるとは思いませんでした\(^o^)/でも、この1年半は、マッサージやストレッチだけではなく、食事、睡眠、瞑想を含めた身体のケア、クロストレーニング、練習方法の見直し、関連書籍やブログでの座学等、その時々で必要と思われることを試行錯誤しながら取り組んできました。今後のラン生活において間違いなく糧になると断言できます。しかも運よくサブ10という結果までついてきたのですから言うことなしです\(^o^)/

 

・途中で故障続きになった原因は色々考えられますが、一番の原因は睡眠不足だった可能性が高いです。最近は量だけではなく睡眠の質にもこだわってガーミンの睡眠ログをチェックしていますが、ようやく一般的に言われる質のいい睡眠になってきて、同時に色々調子が良くなってきたので胸を撫でおろしています。

あとは次点で1日13時間近く、しかも大半の時間はモニター2台で半身の状態で座りっぱなしによる腰痛と左右のバランスのズレ\(^o^)/。私の場合は大腿筋膜張筋と大腰筋のストレッチをするようになってから腰痛がほとんどなくなりました\(^o^)/あとは普段の生活から左右のバランスを極力なくすように気を付けつつ、少しずつ調整することでおそらく以前よりは故障しにくくなるはずです\(^o^)/

 

・ウルトラに臨むにあたって色んな本を読みました。その中でも特にお気に入りだったのはスコット・ジュレクさんの本。人間、自分の背丈以上の物事はなかなか見えないものですが、 ウルトラに挑戦して色々経験する中で、読み返すたびに新たに色んな発見があって面白かったです。特に 老いや病や死と言った避けれないものを受け入れたうえで、いっぱしの男になる方法を模索し、人間の可能性は低くないことを走ることを通して証明しようとしているところがお気に入りになったポイントです\(^o^)/おそらく折に触れてこの本は読み返すことになるでしょう\(^o^)/

 

・故障続きでしんどい時でも途中で投げ出さずに続けてこれたのは、この拙いブログを読んでいただいた皆様のおかげでもあります。ありがとうございました!

 

・今まで通り週末ランナーで走ることをやめるつもりはないのですが、明日からもう一つの達成したいことに専念するためにブログは不定期更新にします。加えてはてブロの皆様のブログにスターを残すことも基本しなくなりますので何卒ご容赦ください。m(__)m。ただ今まで通り積極的に絡むことはしませんが引き続きこっそり応援させていただきます、お互い頑張りすぎない程度に頑張りましょう\(^o^)/

 

・2019年チャレ富士、アーリー特典のTシャツ。

 f:id:bendertone0:20190429193158j:plain

 

シンプルなデザインで、これはこれで良いです。


アーリー特典Tシャツをジップアップパーカーの中に着込んで、妻と外出した際にランナーの方とすれ違った後の会話。


(*'▽') ランナーが通りがかった時に、おもむろにパーカーの前をバッと開けながらそのTシャツを見せたら「きゃー、この人ウルトラランナーよ、変態!」って言われるのかな?

 

\(^o^)/ 良い意味だろうから、言われても良い

 


【第2部】週末ランナーがチャレンジ富士五湖4LAKESでサブ10を達成するブログ 

 

おしまい

2019年 チャレンジ富士五湖4LAKESレポ⑦~今に集中せよ\(^o^)/~ゴールまで

チャレ富士レポ前回まで↓ 

レポ①~会場入りまでと装備・補給について\(^o^)/

レポ②~サブ10を達成せよ\(^o^)/~10kmまで

レポ③~戦略を再構築せよ\(^o^)/~35kmまで

レポ④~身体と対話せよ\(^o^)/~56.4kmまで

レポ⑤~気合いを注入せよ\(^o^)/~80kmまで 

レポ⑥-1~ゾーンに没入せよ\(^o^)/~95kmまで 

レポ⑥-2~ゾーンに没入せよ\(^o^)/~95kmまで 

 

レポ⑦~今に集中せよ\(^o^)/~ゴールまで

f:id:bendertone0:20190427040414j:plain

 

94.8km地点のエイド・ステラステーションに到着。

 

タイムは9時間10分過ぎ。残り約5kmをエイド滞在を含めて50分弱。6分/kmペースなら約20分の貯金。普段なら勝利を確信する距離と時間。

 

しかし、この先は約3kmで200メートル近く登る、平均斜度7%くらいの激坂。 これが95km走ってきた後に待ち構えている。走力のある方でもここで力尽きてしまい、歩き倒したというレポや動画を幾つか拝見していた。

 

この3kmの激坂で、万が一足が攣ったりして13分/kmのペースで歩き倒してしまうと、20分の貯金は全部なくなる。一分一秒を削るつもりで貯金を積み重ねてきたものが、全部。

 

この激坂3kmを全部歩いても大丈夫というほどの余裕はない。

 

かといって、激坂は頑張って走って攻略しました、でも残りの2kmで脚が終わってサブ10を逃しましたでは泣くに泣けない\(^o^)/

 

最初の1kmを走る、次の1kmを歩く、また次の1kmを走る?エイドで給水をしながら考えるが、考えがまとまらない。時間が惜しい。同じタイミングでエイドに着いたランナーの方々に先行して出発。


走って登る。思いのほか、きつい。歩く。


どうする?今の自分にとって適切なスモールゴールはなんだ? サブ10を確実に達成できるように、体力的、時間的余裕をもって激坂を攻略するための。

・・・。

 

ペースは気にせず、100メートル走って、100メートル歩く。

 

これなら3kmの激坂を攻略した後も、残りの2kmのために時間と体力に余裕を持たせることができそう。

 

ガーミンで距離表示を確認。

 

100メートル走る。

 

100メートル歩く。

 

100メートル走る。

 

今に集中しろ。

 

みんな苦しそうに必死に走って登っていく。

 

さすがこの時間帯にここを走るランナーの方々、私以外は殆ど歩かずに激坂を登っていく。焦らない。ここで余計なことを考えるな。ベストな目標は設定した。今に集中してこれを繰り返すだけだ。さっき転倒したランナーの方が走って追い越していく。素直に良かったと胸を撫でおろした。


100メートル走る。

 

100メートル歩く。

 

100メートル走る。

 

目標を達成できないかもしれないとか、この苦しさが続くのではないかとか、怯える必要はない。

 

今に集中しろ。

 

集中

 

・・・

 

・・・

 

十数回、繰り返したはず。

 

気づくと登り坂から下り基調に変わっていた。

 

激坂、攻略。

 

残りは下り基調で約2km、残り時間は20分弱。

 

脚も十分残っている。サブ10は何とかなりそうだ。

 

でも油断は最後までできない。転倒したりしないように慎重に走らなければ。

 

慎重に走る。

 

少し進むと先行していたはずのランナーの方々が10人くらい立ち止まっていて驚いた。この人数が止まっているということは待ち時間が長めの赤信号のようだ。本当にぎりぎりの時間帯でこの信号に止まってしまっていたらと考えて、少しぞっとした。


幸いなことに殆ど待つことなく青信号に変わり、体力を温存していたのであろう他の方々は一斉にスタートダッシュ、私は最後尾を少しずつ離されながらついていく。

 

途中、つじちゃんが動画の中で「スタート直後は暗闇なのでここの段差に気を付けてください」と注意喚起していた段差に気を付けながら車道から歩道へ。ようやくここまで戻ってきた。と実感した。


あと少しだ。


そして競技場へ。戻ってきたランナーの名前とエントリー時に入力した豊富を読み上げるアナウンスが遠くから聞こえてくる。

 

私の名前も読み上げられた。

 

エントリーの申込フォームの中に、豊富を入力する欄もあって、その内容はゴール時に読み上げられるかもしれないと知っていた。

 

その時は半年近く故障続きでろくに走れなかったから、何を書くか色々迷ったけど、結局「サブ10達成!」とは書けなかった。代わりに何を書いたか思い出せなかった。

 

先のことは分からない、それでも、その時々でやれることはやってきた。

 

競技場に入ると、ゴールゲートが見えた。

 

自分でもこの時間にこの場所にいることが少し信じられなかったけど、どうやら夢ではないようだ。


前のランナーの方と間隔が十分に空いていたので、前のランナーの方がゴールした後、スタッフの方がゴールテープを張りなおしてくれている。

 

この1年半色々あったけど、やってきたことは無駄ではなかった。

 

そんな思いがこみ上げてきた。

 

自然と両手を突き上げ、ガッツポーズをしながら、ゴールテープを切った。

 

振り返ってコースに一礼。

 

100km 9時間53分35秒

 

ウルトラでサブ10、ようやく、達成\(^o^)/長かった

 

次回更新内容

チャレンジ富士五湖4LAKESレポ⑧ ゴール後と総括~週末ランナーがチャレンジ富士五湖4LAKESでサブ10を達成するブログ 最終回~