週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するブログ

【第1部】「故障あけから短期サブスリーへの道」に続き、【第2部】として、週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するまでの過程を記します。おっさんランナー。故障しがち。コミュ障。2017年つくばマラソンで運よくサブスリー達成。

勝田全国マラソン2018からの招待状

本日の練習。

 

朝食は食べずコーヒーを飲んで、

フォームを意識しながら不整地で@5:30の10kmジョグ。

 

接地を柔らかく自転車のペダルを回すイメージで。

接地を柔らかくすると足音も比較的静かになる。


距離を抑えていることもあるけど、

フォームを少し微調整したおかげか、
左ハムの違和感はそれほどでもない。

多分このフォームは私にとって間違いではなさそう。

 

疲労抜き(ゆる)ジョグを取り入れた直後も感じたけど、
ペースを落とすとどうしてもランニングエコノミーが低下した

フォームになってしまうみたい。

 

週末ランナーで練習時間も限られているので、
今後スピード練習も必要かどうか、効率的な練習内容も含めて、
引き続き慎重にフォームの微調整を続けてみよう。

 

そして帰宅後にストレッチし、プロテインアミノ酸を摂取、
そして昨晩料理した鮭と大豆の炊き込みご飯(妻の評判はまあまあ、
しかし大豆の有無について話し合い\(^o^)/)の残りとオニオンスープを食べる。

 

練習直後に食べるべきか諸説あるものの、
とりあえず疲労回復と体つくりのために
あまり間を開けずに食べるようにしよう。

 

そして昨日、勝田全国マラソンから招待状が届いた。

 

f:id:bendertone0:20180114160229j:plain

 

去年は撃沈覚悟でサブ3狙いで突っ込んで、
30km過ぎの連続アップダウンで脚が削られ
見事に35km付近で大撃沈\(^o^)/

 

それでも3:04で自己ベストは更新できたし、
ようやくサブ3への挑戦権を得たと手応えを感じたものの、
直後に故障した思い出の大会\(^o^)/

 

幾つか大会の印象

・駅近でアクセスが良い。
・スタート前の整列時にかなり年配の方がマイクで淡々としゃべり続けていて、
最初は聞き流していたけどよくよく聞いてみると面白い\(^o^)/
どうやら勝田マラソンの名物らしい。
・比較的フラットと言われるけど、中盤から後半の連続したアップダウンが
意外と脚に来る\(^o^)/脚は残しておいた方が良いかも。
・参加賞の長袖Tシャツが練習着として意外と重宝する。干芋がおいしかった。
・スタートから4時間で交通規制が解除され、4時間経過後はランナーは交通規制を守り、
歩道を走り、信号待ちをしなければいけないというルールあり。珍しい。


つくばマラソンの保険として念のため申し込みしていた大会だけど、
どう走ろう?初めて純粋にファンランしてみたいかも。

 

思えば今まで参加したレースはとにかく記録狙いだったので、
エイドで貰うのは水かポカリばかりで、固形食をもらったのは唯一
火祭りロードレースの冷凍ブルーベリーくらい\(^o^)/めっちゃおいしかった。

 

勝田全国マラソンは全国でも屈指の私設エイドが充実した大会みたいです。

特に有名なのは28km地点の「西原集会所」の私設エイド。

 

以下の写真は大会パンフレットから抜粋。

f:id:bendertone0:20180114155315j:plain 

f:id:bendertone0:20180114155344j:plain

 

トン汁、ご飯、お茶、おでん、コーヒー、漬物等が用意されるだけでなく
簡易なテーブル、パイプ椅子があり、
ちょっとした定食屋かと見間違えるような充実ぶりらしいのです\(^o^)/すごい

 

ファンランで走るにしても、どうせならウルトラマラソンの練習一環として、
私設エイドを含めて固形食を食べながら走りたい。

 

残り2週間、脚の状態と相談しながらどう走ろうか決めよう。


体重63.2kg(-0.8kg)

 

次回更新 1/20(土) 23:59予定