週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するブログ

【第1部】「故障あけから短期サブスリーへの道」に続き、【第2部】として、週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するまでの過程を記します。おっさんランナー。故障しがち。コミュ障。2017年つくばマラソンで運よくサブスリー達成。

過去を嘆かず、未来に怯えず、今、この瞬間に生きる\(^o^)/できる人間になりたい

★今週の練習

 

7/23(月)朝 タバタ 体幹トレ
7/24(火)メディオ×2
7/25(水)朝 タバタ 上半身筋トレ+スクワット
7/26(木)休み
7/27(金)朝 タバタ 体幹トレ
7/28(土)メディオ×2 上半身筋トレ+スクワット
7/29(日)メディオ×2


今週もバイクトレと補強\(^o^)/

 

左の足底筋膜炎が完治しそうで完治しない\(^o^)/
あとちょっとで完治しそうなんだけどなー

 

一応、睡眠は6時間は取って、
バランスのいい食事とスムージーも取るようにしていて、
夜は湯船につかって、足裏、脛、ふくらはぎを適度にマッサージ、
風呂上りにストレッチポールとテニスボールを使ってぐりぐりとストレッチ等。

 

これだけやって完治しないとなると、
残りの要因は消去法でストレスくらいしか
思い当たらない\(^o^)/

 

走れないことでストレスを感じて完治が遅くなって、
さらにストレスを感じるという駄目スパイラルに陥っているという
笑えないこともあり得るのか\(^o^)/

 

でも、私はそこまで繊細な人間ではない\(^o^)/ずぼら

 

とはいえ、愛が重すぎるとうまくいかなくなる恋愛のようなもので、
執着が強すぎるとうまくいくものもうまくいかなくなるので、
適度な距離感を保ちながらも、その時々での最善を楽しむのが良いのでしょう\(^o^)/メンヘラ男か

 

過去を嘆かず(柴又100kのエントリー代\(^o^)/)
未来に怯えず(えちごくびき野100kmのエントリー代\(^o^)/)
今、この瞬間を、生きる(できる最善を尽くして苦難すらも楽しむ)

 

大事\(^o^)/

 

すんなりこれを実行できるほどできた人間ではないですが、
少しでもましな人間になれるよう
人間修業の一環として取り組みますっする\(^o^)/

 

\(^o^)/

 

★週末にがっつり作り置きの際の定番料理。

 

(゚д゚)ウマー

 

●みんな大絶賛のポテトサラダ●

cookpad.com

じゃがいもは茹でずにレンチンで。暑くて茹でてられない。

ゆで卵入りで濃厚でおいしい\(^o^)/

 

●簡単にんじんしりしり

cookpad.com

冷めてもおいしい\(^o^)/ 

 

★今週のマラソンとは関係がないあれこれ\(^o^)/(読み飛ばし推奨

 

鮫島、最後の十五日」「火ノ丸相撲」という2つの相撲漫画が好きです。

 

無差別級の格闘技である大相撲で小兵の主人公が戦っていくという
同じような内容でありながら、コインの裏表のように高みに上っていく
アプローチがそれぞれ違っていて、同時期にこんな面白い漫画を合せて読める
幸運を冗談抜きでかみしめていたのですけど、
先日「鮫島、最後の十五日」の作者である佐藤タカヒロさんが急逝されました。

 

主人公の鮫島が心身と魂を削り、土俵の上で死ねれば本望という覚悟で
ライバルや上位陣との激闘の末、連勝を重ねていく姿は鬼気迫るものがありましたし、
それに比例するように作者の画力が増していたので、作者も魂削ってるなーと感じていたところに、
まさかの訃報への驚きと、続きが読めないという喪失と悲しみを同時に覚えました。

 

エルンスト・クレッチマーは天才の定義を
「積極的な価値感情を広い範囲の人々に永続的に、しかも稀に見るほど強く呼び起こすことの出来る人物」としたみたいです。


画家のゴッホが好きな私は、勝手な素人考えで、

その作品の素晴らしさは、技術的な面や、
その作者の人間性が自然と作品に反映するメッセージ性だけではなく、
作者の生きざまが作品に付加価値を与えることもあると考えています。

 

佐藤タカヒロさんも亡くなったから惜しいということもあるものの、
上記の天才の定義にあてはまる天才だと思っているので

 

それだけに急逝は本当に惜しい。

ご冥福をお祈りします。


13日目の取り組みでほぼ過去の清算をし、
14日目でいよいよ横綱の泡影との一戦を迎えるところで終わってしまい、
今後の展開は未定だそうですが、プロットだけでも公開してくれないかなと
淡い期待を抱きながら続報を待ちたいと思います。 

f:id:bendertone0:20180729133703p:plainf:id:bendertone0:20180729133718p:plain

f:id:bendertone0:20180729133729p:plainf:id:bendertone0:20180729133741p:plain

f:id:bendertone0:20180729133757p:plainf:id:bendertone0:20180729133807p:plain

 (c)「鮫島、最後の十五日」/佐藤タカヒロ

 

そしてもう一つの相撲漫画、火ノ丸相撲

 

同じく小兵ゆえに怪我に悩まされ、
力士寿命が短いことを分かったうえで横綱を目指す。


優勝を目指した夏場所の3戦目に1勝2敗で優勝が絶望的になり、
自分を応援してくれる人との死別を嘆き、
自分の力士寿命が短いがゆえに満足のいく結果が残せないのではないかと怯えて、
部屋に閉じこもってしまう。


その状況で少し前にお互い恋愛経験がないまま付き合うことになったヒロインが
部屋の扉を蹴破って無理やり外に連れ出し、そのまま車でラブホに直行、
「シャワー浴びてくる、逃げんなよ、いくじなし」と
冷めた目で言い放ち、「夜の大一番・・・ファイッ!!!」

という、あわや火ノ丸SAGA開幕かという展開で次号に続くになっています\(^o^)/


色んな意味で楽しみに待つことにします\(^o^)/

f:id:bendertone0:20180729133821j:plain

(c)火ノ丸相撲/川田

最近つらい展開が続いていましたが、

過去を嘆いて、未来に怯えて、本来の力を出せないという状況で、
これをきっかけにして、今この瞬間に生きるという
ゾーンに入るための下準備はできているので
今後の展開に期待です\(^o^)/

 

今後の更新予定

8/5(日)23:59 内容未定 来週あたり走れるようになりたい\(^o^)/