故障あけから短期サブスリーへの道

おっさんランナー。目標はつくばでサブスリー。ブログを書くことは走力向上の一助になるかもと思いブログ始めました。

第5回榛名湖マラソンレースレポ④~レース後編~

そして5度目、本日ラストの激坂へ。

「もうこれが最後か・・・」と思うと、感慨深さと一抹の寂しさを覚え


るはずもなく、


疲労困憊のため何も考えられずにもくもくと登る\(^o^)/


周回コースのため、周回遅れのランナーの方々と一緒に登るのですが、
スピードはほぼ変わらず\(^o^)/

 

登り切ったところで、なけなしの1分の貯金もほぼなくなった\(^o^)/


そして下り。

 

37kmのアップダウンを走ってきたこともあり、
脚が重く、最初のような軽快さなど見る影もなくなり、
泥臭く、ドタドタ走るが、スピード出ず\(^o^)/オワタ

 

これ駄目なパターンだ\(^o^)/

 

もう間に合わないんじゃないか?

 

でも3:25は切れなくても、サブ3.5は達成できそうだし、
それも立派なタイムじゃないのか

 

と一瞬脳裏をかすめるも、

 

m9(^Д^)

おい!お前!この期に及んで何を腑抜けたこと言ってんだ!
粘るんだよ!力の限り粘れや!

 

すかさず私の中の鬼コーチから叱責罵倒、もとい叱咤激励される\(^o^)/

 

そうは言ってもきついものはきつい。

 

とりあえず気分転換にサングラスを外してみた。

 

おお、明るい、ちょっとテンションが上がる。

 

少しスピードアップ。

 

しかし、それも一時しのぎ。

 

すぐにきつくなる。

 

スピードダウン\(^o^)/

 

何か他にテンション上げるようなことはないのか?

 

考える考える考える。

 

・・・

 

・・・

 

何もない\(^o^)/オワタ

 


万策尽きたと思われたその時、

 

横から、すーと私を追い越していくランナーの方が。

 

そのランナーの方の後ろ姿を見ると、後半になってもフォームの崩れもない
ほれぼれするような安定した走りで、まだまだ余力がありそう。

 

更には設定ペースと同じくらいで
ついていこうと思えばついていけそうな絶妙なペース。

 

渡りに船とは正にこのこと。

 

私は決めました。

 

 

Aさん(仮名)、どこまでも付いていきます\(^o^)/

 

ストーキング開始です\(^o^)/

 

おっさんがおっさん(?)をストーキングするとは世も末です\(^o^)/

 

10メートルくらい離されてしまってますが、
給水や登りで離されそうになると
それ以上は差がつかないように何とか食らいつきます。

 

そして41kmを経過したところで
ガーミンを見ると目標タイムの3:25まで残り5分ちょっと。

 

ここから飛ばしてぎりぎり間に合うかどうかの微妙なタイム\(^o^)/

 

レース中、いつ脚に刺すような痛みが走らないか
ひやひやしながらここまできたけど、もう大丈夫だろう。

 

余力はあまりないけど、重い脚を交互に前に出しラストスパート\(^o^)/

 

ゴールゲートのある直線に入り、
時計を見る余裕もなく、
1秒でも速く前へ前へと、
ばらばらのフォームであがくように走る。

 

そしてついに、一人一人にゴールテープを貼りなおしてくれる(!)
学生ボランティアさんの「お疲れ様です!」の声に、
「ありがとうございます!」と応えながらゴールテープを切った\(^o^)/

 

「ようやく終わった。」という安堵感と、
とにかく必死だったため痛恨の時計止め忘れ\(^o^)/

 

20メートルほど歩いて気づき時計を止める。

 

目標タイムである3:25を切れたかどうか分からない\(^o^)/

 

ふらふらと記録証の発行所に向かい記録証でタイムを確認。

 

ネットで4秒切れていた\(^o^)/

 

3:25:31(グロス
3:24:56(ネット)

 

\(^o^)/


第5回榛名湖マラソンレースレポ⑤~レース後とまとめ~につづく