週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するブログ

【第1部】「故障あけから短期サブスリーへの道」に続き、【第2部】として、週末ランナーが柴又100Kでサブ10を達成するまでの過程を記します。おっさんランナー。故障しがち。コミュ障。2017年つくばマラソンで運よくサブスリー達成。

千葉たらればおっさん

・8/22の練習

12km Eペース走
スクワット・スプリットスクワット・ラウンジスクワット・片足スクワットプランク

・8/23の練習

10km Eペース走 @4:50

腕立て・背筋・腹筋・プランク

=========================

ラソンを始めて2シーズン目である昨シーズン、
「うまくやれていたらサブスリーを達成できていたかも」と時々思うことがあります。

 

「たられば」と過去に思いをはせても、覆水が盆に返ることがないのは重々承知の上です。


それでも、これから同じ状況になった時に、より良い選択ができるよう

昨シーズンの終わりに書き出した内容です↓

 

【練習編】

・夏の日中は暑く、夜は虫が多いからと言う理由で、トレミばかりせず、ロードで脚を作っていれば

・スクワット・スプリットスクワット・ラウンジスクワット・片足スクワット等の

足を鍛える筋トレをしていれば

・最初から楽に長く速く走れるランニングエコノミーの良いフォームを身に着けていれば

・毎月のようにガチでフルを走ったことで、

レース前のテーパリングとレース後のランオフで、練習内容が薄くならなければ、

もっと計画的に練習できていれば

 

【減量編】

・3時間10分で走れたつくばマラソン当日の体重は64kgだった。

その後4kg減量していれば

・減量が悪いのではなく、飲まず食わずの減量の仕方が悪かったと原因を明確にして、

普段からバランスの良い食事をしながら健康的に減量していれば

・仕事のストレスから暴飲暴食をしなければ

・過剰な間食を控えていれば


【体のケア編】

・脚に痛みがあった時点で軽視せず、アイシングやストレッチでケアしていれば

・走り終わった後に面倒臭がらずストレッチをしていれば

・足のアーチ低下を防止するための青竹踏みをしていれば

・レース前だけではなく普段から完全に禁煙していれば

 ・安易にロキソニンに頼っていなければ

 

【戦略編】

・毎月のようにフルのレースをガチで走らず、調整のフルやハーフも組み込んでいれば

・勝田マラソン参戦時、足に痛みがあるにも関わらず、ソールの薄いターサージール4を初めて履かなければ

・勝田マラソンの直前でフォームを少し改造した際に、フルを走り切れると確証が得られるフォームなのか検証していれば

・地味なアップダウンのある勝田マラソンをガチで走らず、
超高速コースの東京マラソンの調整という位置づけで走っていれば


【その他編】

・マラソンポイント不足により妻と喧嘩しなければ

・目的が明確ならそれを達成するための合理的な手段をもっと頭を使って考えて実行していれば

 

 

 

 

色々うまくかみ合えばサブスリーを達成できていたかもしれません。

でも、それは10回やって、たまたま1回うまくいく程度のもので
私の走力はサブスリーを達成するためには数段不足していました。


なので、悔いが全くないと言えば嘘になりますが、
それなりに昨シーズンの結果には納得はしています。

だけど、今年こそはサブスリー達成します、こんなきついこと数年もやってられない\(^o^)/

とりあえず、このたらればの振り返りは、自分にとっての最高の反面教師になるので
全部反対のことをやるつもりで日々過ごしていきます\(^o^)/